おいしそうな色のついているキャットフードには注意

私たちが、食べ物を「美味しそう」と感じるのは、ほとんどの場合、「美味しそうな色」だからではないでしょうか?

血も滴るような赤い肉、新鮮そうな緑の野菜、赤いニンジンなど、食べ物の色で美味しさを判断するのが一般的です。つまり、美味しそうに見えるものは売れるのです。黒ずんだ色の肉を買う人はいないはずです。

このような見た目のために様々な食品に使われているのが、着色料などの添加物です。このような添加物を使用していない食品を探す方が難しいほど一般的に使われています。

着色料などの添加物は、キャットフードにも使われています。しかし、猫は色を見分ける能力が乏しい動物です。赤く着色されていても食欲に変わりはありません。つまり、着色料は飼い主が美味しそうに感じるために使われているのです。

キャットフードを美味しく見せるための添加物の中には、発ガンなどの危険性が指摘されているものがいくつかあります。

そのひとつは、「亜硝酸ナトリウム」です。亜硝酸ナトリウムは保存料ですが、肉の黒ずみを防ぎ、素材の色をそのままにしておく効果があります。発がん性が報告されていて、ペットフードに使用する場合の上限値が、製品1gあたり100ppmと決められていますが、安全性に疑問があるため継続的に審議がおこなわれている状態です。

着色料では、「赤色3号」「赤色40号」「赤色102号」に危険性が指摘されています。発ガンやアレルギーなどのリスクが報告されています。欧米では、赤色102号と赤色3号の食品での使用は禁止されています。

美味しそうに見えることは、決して悪いことではありませんが、愛猫にとってはあまり意味のないことです。現在市販されているキャットフードは、安全基準をクリアしているものですから、急に体調が悪くなることはありません。しかし、毎日の食事ですから長期間摂取した場合の不安が残る飼い主の方ももいるはずです。

気になる方は、無着色や無添加のプレミアムフードも選択肢のひとつですね。

© 2018