キャットフードに含まれている添加物で特に気をつけた方が良いものとは

一般的な食品には添加物が多く含まれています。長期保存のものは防腐剤や抗酸化剤が灰っています。これは、ペットフードも同じです。但し、注意したいのはペットフードの場合、人の食品では使用していない添加物を使用していることです。また、食品では使われていても健康を害する恐れが指摘されている添加物も少なくありません。

キャットフードの添加物の中で、もっとも危険性が問われているのが「エトキシキン」です。エトキシキンは、抗酸化力が強力で飼料や除草剤などに広く使用されています。但し、食品としての使用は禁止されています。発ガン性が指摘されている添加物で、食材で使う場合は、残留許容量は1ppmとなっています。ペットフードに関しては、ペットフード安全法で、猫の場合は上限値150ppm以下と規定されていますが、人の150倍もの量になっています。人よりも体の小さなネコちゃんに、人よりも100倍以上の添加物が安全という根拠には疑問が残ります。

次に注意したいのが、「BHT」と「BHA」です。BHT(ブチルヒドロキシトルエン)は、チューインガム、ポテトチップ、バター、ショートニングなどに使用されていますが、過剰に接収すると肝臓障害のリスクが指摘されています。また、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)は、魚介冷凍品、油脂、バターなどに幅広く使われている酸化防止剤です。BHTととに発ガン性が指摘も指摘されています。

さらに発ガン性が指摘されているのが、「亜硝酸ナトリウム」です。ハムやソーセージ、イクラなどの発色剤として一般的に使われている添加物です。食品としては1gにつき1ppm以下と厳しく使用量が決められています。ペットフード安全法では、100ppm以下となっていますが、上限に関しての審議は継続しています。

これら以外にも、「没食子酸プロピル」「クリシリジン・アンモニエート」なども健康を害するリスクが指摘されています。

また、抗酸化剤だけでなく着色料などにも危険性が問われているものもあります。

愛猫の健康維持のためには、添加物や原材料などに対する正しい知識が必要です。安心して愛猫と暮らしていくためにも、賢いキャットフード選びをしたいですね。

【参考】
代表的な添加物http://www.staynky.com/additive.html
キャットフードの添加物http://www.safestreetsfund.org/2.html
キャットフードの危険性とはどんな物? http://www.papermilltheatre.org/history.htm
猫には恐ろしいキャットフードの添加剤の話 http://www.issgc.org/c009.html
キャットフードに含まれている危険なもの http://www.invitrovisual.com/kikennnamono.html

© 2018